腱鞘炎・ばね指

彦根市かがりの整骨院身体の不調・お悩みはありませんか?

  • 使いすぎによる手首の痛み
  • 産後、手首が痛い。
  • 指の曲げ伸ばしで引っかかる。
  • 腱鞘炎・ばね指と診断された。
  • テーピングで治らない。

腱鞘炎は日常生活や仕事でたくさん使ったり、握ったりすることにより腱と腱鞘(腱を押さえるトンネル)がこすれて炎症を起こします。

繰り返す炎症により腱や腱鞘が肥厚し、曲げ伸ばしがぎこちなくなったり、引っかかりを感じたりする場合を弾発指(ばね指)と呼びます。炎症がある場合は痛みも生じます。

放っておいても自然に改善することは少なく、腱鞘炎や弾発指(ばね指)はひどくなってから医療機関を受診するケースが多い疾患です。

腱鞘炎・ばね指の発症原因は?【彦根市 かがりの整骨院】

原因は基本的には使いすぎで起こりますが、産後や更年期などホルモン分泌の変化で起こる場合もしばしばあります。

ゆえに女性に多く発症する疾患です。

しかしながら、同じ仕事や生活をしていても症状を発症する人としない人がいます。

その原因を考えていきましょう。

【痛みのメカニズム】
使いすぎで炎症が起きていますが、痛みを引き起こしているのは血流に関係しています。

・ 自律神経の乱れによる血流の不安定化
・ 炎症による血流不全

これらにより、筋肉や腱には十分な血液が巡らず無酸素状態となってしまいます。
この状態が続くことで腫れや痛みが次第に強くなり、ますます症状を辛くしていきます。

指先は心臓から遠い血流の悪い部分でもありますので、腱鞘炎や弾発指(ばね指)は肩こりや冷え性がある方に発症しやすい傾向にあります。

患部の治療と合わせて、首や肩からの血流を改善させてあげたり、体幹の安定性を向上させ、肩や腕の負担を軽減させてあげることにより効果が高い治療方法となります。

エコーがあるので安心!【彦根市 かがりの整骨院】

初回検査時や経過観察には、かがりの整骨院では、エコーによる観察を必ず行います。

感覚や触っただけではわからない患部の状態を観察することで、詳細な評価や施術の判断ができます。

腱鞘炎や弾発指(ばね指)の判断は、症状や発生状況からある程度診断や判断は可能ですが、

初回で患部の観察行い、他の様々な疾患を否定しておくことも医療においては非常に重要な評価となってきます。

まだまだ整骨院におけるエコー導入率は低い現状ですが、かがりの整骨院では医療安全の観点からもエコーによる患部観察を行っております。

医師連携も行い、必要と判断すれば医師に対診を依頼します。

腱鞘炎や弾発指(ばね指)の治療方法【彦根市 かがりの整骨院】

治療は患部の治療と血流の改善が目的になります。

患部の治療においては、使いずぎによる炎症の場合は時には患部の安定的な固定有効な

場合があります。

テーピングやサポーターによる固定ではどうしても患部が固定しきれませんので、

患者個々に合わせたギプス固定や装具の作成をします。

メディセルによる組織間リリース、超音波による温熱治療、ハイボルテージによる鎮痛を組み合わせて患部を徹底的に治療することも症状改善の近道です。

マッサージによる患部の刺激はかえって炎症症状の悪化につながることもありますので、適切な判断が必要です。

 

 

お問い合わせはこちら

電話番号:0749-27-3360

LINE予約

外観

受付時間:月~金9:00~13:00・15:00~20:00、土曜9:00~13:00、休業日:土曜午後・日曜・祝日

店舗名 かがりの整骨院
住所 〒522-0201
滋賀県彦根市高宮町2132−10
アクセス JR南彦根駅近く
駐車場 10台完備
代表施術者 中村泰彦

ページの一番上に戻る