脊柱管狭窄症

   

彦根市かがりの整骨院身体の不調・お悩みはありませんか?

彦根市かがりの整骨院脊柱管狭窄症のイラスト

  • 脊柱管狭窄症と診断された。
  • 少し歩くと足がだるく、しびれてくる。
  • お尻から足にかけてしびれている。
  • 長時間立っていられない。
  • 後ろに反る体勢がつらい。

腰部脊柱管狭窄症とは脊柱管と呼ばれる神経の通り道が脊椎や関節の変形、ヘルニア、靭帯の肥厚などの影響により狭くなってしまった状態を言います。

これらの変化は基本的に加齢変化ですので、中高年(男性に多いとされています)の方に多く見られます。

しかし、狭窄のあるすべての人に症状が出るわけではなく、画像診断上狭窄があっても痛みやしびれなどの症状が出ない場合もあります。

脊柱管狭窄症は腰椎に発症することが多い疾患ですが、頚椎に生じた場合には、手足のしびれや運動障害を自覚するようになります。例えば、お箸が使いにくい、字が書きにくい、ボタンが掛けにくいといった上肢の症状に加えて、歩きにくい、ふらつく、階段が上り下りしにくいなどの下肢の症状も出現します。

また、腰椎の脊柱管狭窄症では、腰から下のしびれや痛みが出現します。歩いているとお尻や足に痛みやしびれを感じ、休むと楽になる。それでまた歩くと再び痛くなるといった、間欠跛行(かんけつはこう)と呼ばれる症状がとても特徴的です。

脊柱管狭窄症とは?【彦根市 かがりの整骨院】

脊柱管狭窄症の原因は、前述しましたように基本的には加齢に伴う退行性変性ですので、

残念ながら、それらを物理的に改善する事は手術以外不可能です。

しかし、脊柱管狭窄があっても症状がある方とない方がおられるので、必ずしも狭窄だけが原因ではない事がわかります。

かがりの整骨院では、狭窄などの構造的変化に関節部への過負荷や炎症が加わる事により、

症状が発症するのではないかと考えています。

かがりの整骨院では、関節への過負荷と炎症を取り除く事を目的に治療を行っております。

医師により処方される神経改善のお薬や痛み止めとを合わせて治療を行う事により、相乗効果が現れますので、診察や投薬も重要だと考えています。

脊柱管狭窄症の治療方法は?【彦根市 かがりの整骨院】

かがりの整骨院での脊柱管狭窄症の治療方法は、関節の過負荷の軽減と炎症を取る(消炎)事を目的に行います。

炎症の軽減には、筋緊張の調整や超音波・ハイボルテージを使います。

関節の過負荷の軽減は、骨盤と背骨の調整を行います。

骨盤と背骨の左右差や前後差を調整する事により、関節や筋肉の負担が最小限に留まります。

彦根市かがりの整骨院脊柱管狭窄症の説明イラスト

できるだけ、人間が本来持つ正しい位置の骨盤や背骨に近づけていくというイメージです。

また、筋力低下により骨盤や背骨のアライメントに変化が現れる事も多いので、そのような場合には筋力に対するアプローチも行う事が必要です。

 

 

 

 

 

脊柱管狭窄症を改善させるには?【彦根市 かがりの整骨院】

インターネット広告などで、「たった数回で改善」や「骨盤の捻れをとるだけで」「これを飲むだけ」でなど耳障りの良い情報を見かけますが、

脊柱管狭窄症の改善には情報の精査も含め、適切なアプローチが必要と考えております。

かがりの整骨院では、必要な治療・適切な計画を立てたうえで、患者様ご自身にの生活改善の指導や提案もさせていただきます。

・数回の治療で効果を求める方

・生活改善ができない方

・マッサージなどのリラクゼーションをご希望の方

 

などは、ご期待に沿えない可能性がございます。

本気で改善に取り組む患者様を応援・お手伝いしたいと思っております。

彦根市かがりの整骨院頸評価のイラスト

お問い合わせはこちら

電話番号:0749-27-3360

LINE予約

外観

受付時間:月~金9:00~13:00・15:00~20:00、土曜9:00~13:00、休業日:土曜午後・日曜・祝日

店舗名 かがりの整骨院
住所 〒522-0201
滋賀県彦根市高宮町2132−10
アクセス JR南彦根駅近く
駐車場 10台完備
代表施術者 中村泰彦

ページの一番上に戻る