テニス肘・肘の外側の痛み

彦根市かがりの整骨院身体の不調・お悩みはありませんか?

  • 肘が痛い。
  • テニス肘と診断された。
  • 注射をしても治らない。
  • 肩こりがある。
  • 猫背の自覚がある。

テニス肘とは、正式名称「上腕骨外側上顆炎」と呼ばれる肘の外側部にの痛みが出る疾患の別名です。

テニスのバックハンド時に損傷するする事が多い事から、テニス肘と呼ばれています。

その他にもゴルフやパソコン作業などデスクワークが多い方、家事動作、繰り返し手首の動作が多い方に発症する事が多い疾患です。

(テニス肘、ゴルフ肘でも内側に痛みの出る事もあります。ですので通称です。)

テニス肘の診断・検査は?【彦根市 かがりの整骨院】

通常レントゲンでは特に異常はありません。

稀に石灰沈着している例もあるようですが、一般的には何も問題ないケースが多いでしょう。

レントゲン検査は、他の疾患(骨折など)を否定する為の目的である事が多いと思いますので、これといった原因が特定できないケースが多いと考えます。

その為、上腕骨外側上顆炎ではトムゼンテスト・中指伸展テストなどの整形外科的徒手テストが非常に有用です。

その他、圧痛や発症機転などと合わせ総合的に判断します。

テニス肘の経過について【彦根市 かがりの整骨院】

上腕骨外側上顆炎は発症に至るまでの経過が長い事がほとんどです。

不適切な動作の繰り返しで損傷が起こると考えられています。

ゆえに、治癒に至るまでの経過もある程度の期間を考えておく方が良いでしょう。

また、不適切な動作を起こしてしまう原因を取り除く事を重要な要素です。

 

テニス肘の治療のポイントは肩甲骨!【彦根市 かがりの整骨院】

姿勢の悪さは肩甲骨や肩関節の可動性低下を引き起こします。

本来肩関節は大きな可動域をもつ関節ですので、ここに可動域の低下が起こると、肘や手首の過活動が起こってしまいます。

ゆえに、腱や筋肉に炎症が起こってしまいます。

かがりの整骨院の治療は姿勢を含めた原因に対しアプローチを行います。

可動性の向上により、患部の負担軽減に努めます。

また、生活習慣や運動習慣の見直しも必要になる事もあります。

多すぎる体脂肪は関節の可動性低下を引き起こすので、ダイエットが必要なケースもあります。

運動量が多く物理的負担過多の場合は、運動量の調整も必要です。休める時は休めて回復の期間を作ってあげる事も大切です。

どの疾患にも言える事ですが、患者さんの協力なくして治療は成り立ちませんので

しっかりと根治を目指すのであれば患者さんの協力が必要不可欠なのです。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

電話番号:0749-27-3360

LINE予約

外観

受付時間:月~金9:00~13:00・15:00~20:00、土曜9:00~13:00、休業日:土曜午後・日曜・祝日

店舗名 かがりの整骨院
住所 〒522-0201
滋賀県彦根市高宮町2132−10
アクセス JR南彦根駅近く
駐車場 10台完備
代表施術者 中村泰彦

ページの一番上に戻る