シンスプリント

   

彦根市かがりの整骨院身体の不調・お悩みはありませんか?

彦根市かがりの整骨院肉ばなれのイラスト

  • すねが痛い。
  • 運動後すねの内側がズキズキ痛む。
  • 土踏まずがない。扁平足である。
  • 足が疲れやすい。
  • 足がよくつる。

スポーツの最中や終わった後に、「すねの内側の筋肉に痛みや腫れ」が出ることはありませんか?

運動の度に痛みを感じるなら「シンスプリント」というスポーツによる過労性障害かもしれません。

「シンスプリント」とは陸上、サッカー、バスケットボール選手に多い疾患であり、シーズン初めや新人に多いとされています。

痛みや腫れを放置したままスポーツを続けると、重症化して「疲労骨折」となり、しばらく運動禁止となる可能性もあるので、速やかに適切な処置を受ける必要があります。

シンスプリントとは?【彦根市 かがりの整骨院】

シンスプリントは、「脛骨過労性骨膜炎」とも呼ばれ、すねの骨(脛骨)にくっ付いている骨膜(筋肉の付着部)が炎症している状態です。脛骨の【上1/3】【中1/3】【下1/3】に痛みが出やすく、一般的にシンスプリントと呼ばれるものは脛骨下1/3に起こる疾患をいいます。

初期の段階では、運動後にジーンとする鈍痛を感じる程度ですが、次第に運動中や安静時にも痛みを感じるようになります。炎症が強い時は歩行困難になる時もあります。

⒈すねの内側の骨際を押すと痛みがある。

⒉すねの内側に腫れぼったい感じや熱感がある。

⒊安静にしていても痛みを感じて、歩けなくなる。

日常生活にも支障を来さないようにする為にも、症状が軽度のうちから適切な処置を受けることが大切です。

 

 

 

シンスプリントの原因は?【彦根市 かがりの整骨院】

シンスプリントの直接の原因は、すねの骨に繫がっている筋肉への過剰な負担(オーバーユース)ですが、安静にしてもなかなか痛みが引かなかったり、安静にして良くなったと感じても運動を再開するとまた痛みがぶり返す事も少なくありません。

そのような場合は直接的な原因の他に、根本的な要因を取り除かなければなりません。

練習量の問題や運動環境やシューズの問題の他に、

体の使い方に問題のあるケースがあります。

「Knee-In Toe-Out」と呼ばれる体の使い方になっていれば、すねの骨の内側の筋肉には運動の度に伸張(伸ばされる)ストレスがかかってきます。

「Knee-In Toe-Out」を正すには骨盤・股関節の可動性や体幹筋力の安定性を向上させる必要がありますので、根本的な治療となるとこの辺りにアプローチしていく必要があると考えます。

 

(上図 月間スポーツメディスンより)

 

シンスプリントの治療方法は?【彦根市 かがりの整骨院】

かがりの整骨院ではシンスプリントに対し、患部の治療とあわせ根本的な身体要因の治療を行っていきます。

骨盤や股関節の可動性を高めたり、周りの筋肉の癒着をリリースしていきます。

トムソンベッドやメディセルを使い治療していきます。

 

 

 

次に体幹の安定性を高める為には、体幹深部筋力の向上の為、

EMSの電気刺激で体幹を鍛えます。

かがりの整骨院ではステージに合わせ2種類のEMS装置を使い分けます。

同じ機械で通電時間を変えて行う事が一般的には多いですが、筋肉の発達の仕組みは新鮮な刺激ですので、かがりの整骨院ではEMSによる刺激に慣れないよう機械を変え、工夫をしています。

患部には治癒促進の為に、微弱超音波や温熱刺激や冷刺激を入れていきます。

カラーエコーによる炎症や骨の状態の観察は極めて重要ですので、適切な医学的評価を受ける事が症状早期改善の為にも望ましいと考えます。

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

電話番号:0749-27-3360

LINE予約

外観

受付時間:月~金9:00~13:00・15:00~20:00、土曜9:00~13:00、休業日:土曜午後・日曜・祝日

店舗名 かがりの整骨院
住所 〒522-0201
滋賀県彦根市高宮町2132−10
アクセス JR南彦根駅近く
駐車場 10台完備
代表施術者 中村泰彦

ページの一番上に戻る