オスグッド病

彦根市かがりの整骨院身体の不調・お悩みはありませんか?

彦根市かがりの整骨院オスグッドの治療イラスト

  • スポーツで膝の前面が痛い。
  • オスグッドと診断された。
  • 膝下の骨が出てきた。
  • 安静にしても動くとまた痛い。
  • ジャンプの着地時に痛い。

彦根市かがりの整骨院オスグッドの説明イラストオスグッド病という名前を聞いた事があるでしょうか?

オスグッド病とは脛骨結節部(お皿の下の骨)が徐々に突出し痛みが出てくる、

発育期の骨端症の一種です。

10歳〜15歳でスポーツを活発に行う少年少女に多い疾患です。

大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の力は、膝蓋骨(お皿の骨)を経由して膝を伸展させる力として働きます。

膝を伸ばす力の繰り返しにより、大腿四頭筋が膝蓋腱付着部を介して脛骨結節を牽引するために、脛骨結節の成長線に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離することで生じます。

なぜ起こる?

オスグッドの原因は、成長期であり骨端部が物理的に脆弱である事とオーバーユース(使いすぎ)ですが、

同じ年齢で同じ運動量でも、症状が発症する子どもと発症しない子どもがいるのはなぜでしょうか。

そこには骨格や筋肉の個人差が関わってきます。

具体的には、下肢や胸郭の柔軟性、下肢筋力や体幹筋力の問題です。

下肢の柔軟性が悪く、下肢筋力や体幹筋力や弱いと物理的ストレッスがかかるのでその部分に骨の突出や炎症が起こってしまうのです。

 

 

治療方法は?【彦根市 かがりの整骨院】

治療は対症療法と根本的な治療に分けられます。

対症療法とは痛みが出ている部分の炎症を取る事です。

炎症を抑える電気やアイシングなどが挙げられます。

根本的な治療は下肢の柔軟性の獲得や体幹筋力の向上です。

どちらにせよ、初期の正しい判断が重要になってきます。

一回の衝撃で痛みが強くなった場合では、脛骨粗面の剥離骨折も念頭に置いて観察しなければなりません。

漠然と対症療法を繰り返しても治療効果が少ない場合は、運動の中止も含め根本的な部分にアプローチしなければなりません。

運動中止と聞くとネガティブな印象を持たれるかもしれませんが、下肢は荷重関節(体重がかかる関節)という事もあり成長期の損傷がそのまま生涯にわたり残存する事もありますので、

安易に考えず、医療者や大人が正しい知識を持って判断する事が大切です。

 

 

 

かがりの整骨院ではこのような治療です。

かがりの整骨院ではオスグッド病に対し、

炎症に対する対象療法には、マイクロカレントや微弱超音波を用います。

根本的な治療においては、下肢や胸郭のストレッチングや場合によっては体幹トレーニングも取り入れています。

 

お問い合わせはこちら

電話番号:0749-27-3360

LINE予約

外観

受付時間:月~金9:00~13:00・15:00~20:00、土曜9:00~13:00、休業日:土曜午後・日曜・祝日

店舗名 かがりの整骨院
住所 〒522-0201
滋賀県彦根市高宮町2132−10
アクセス JR南彦根駅近く
駐車場 10台完備
代表施術者 中村泰彦

ページの一番上に戻る