野球肘

   

彦根市かがりの整骨院身体の不調・お悩みはありませんか?

彦根市かがりの整骨院野球肘のイラスト

  • 投球動作で肘が痛い。
  • 肘の曲げ伸ばしが痛い。
  • 肘に違和感がある。
  • 肘の検査をしたい。
  • 体が硬く怪我しやすい。

野球肘とは野球選手に多い肘の痛みの総称であり、テニス選手やゴルフ選手にも起こります。

一般的には内側型外側型後方型の3パターンに分類できます。

成長期に多い疾患ですので、早期発見・早期治療に加え根本原因の改善と予防が非常に需要になってきます。

彦根市かがりの整骨院野球肘新聞記事

(しが彦根新聞 野球肘に関する取材を受け記事になりました。)

 

多いのは内側、危ないのは外側【彦根市 かがりの整骨院】

彦根市かがりの整骨院野球肘説明イラスト・内側型は手のひらを上に向けた状態の小指側の肘の痛みです。

正式名称を「上腕骨内側上顆炎」と言います。

上腕骨の内側上顆に付着する筋肉の牽引力(引き伸ばされる力)によって、付着部に炎症が起き、痛みが発生します。

 

・外側型は手のひらを上にした時の親指側の肘の痛みです。

外側型は骨性の痛み(離断性骨軟骨炎=OCD)のことが多く、場合によっては手術の対象になる危険な箇所です。無症状で病状が進行しているケースもあり、検診を含めた早期発見が重要です。ゆえに肘の外側の痛みがあれば一刻も早い検査が必要です。

・後方型は上腕三頭筋(二の腕の筋肉)の牽引力による肘頭が痛くなります。

いずれも、オーバーユース(使いすぎ)によるものが多いですが、一撃の衝撃で痛めることもしばしばあります。

 

 

 

成長期の肘の怪我は手遅れになる??【彦根市 かがりの整骨院】

骨端線が残る成長期の骨はまだまだ未熟な組織であり、完全に骨化されておらず軟骨組織が残存しています。

例えるならば、セメントが乾ききっておらず硬化していない状態です。

ですので、牽引力や繰り返す衝撃に耐えきれず炎症が起こったり、ひどいケースでは隔離骨折が起こったりするのです。

運動量や休息の調節も大事ですが、負担がかかりづらい体の状態にすろ事も障害予防の観点からも重要であると言えます。

彦根市かがりの整骨院野球肘啓蒙活動

(高宮スポーツ少年団に野球肘の予防についての講演会 彦根市高宮小学校にて)

 

エコーによる観察の重要性【彦根市 かがりの整骨院】

かがりの整骨院では、野球肘を含む成長期の肘部の疾患には患部のエコー検査を必ず行います。

彦根市かがりの整骨院野球肘エコー観察内側の痛みでも外側、後方の状態も観察します。エコーでの患部観察は早期発見には非常に重要な検査となります。

整骨院ではレントゲンは撮れませんが、エコーによる観察は行えます。エコー観察が受けられる整骨院を選ばれる事を強くおすすめ致します。

患部の観察と全身の評価(股関節の可動域、左右差、胸郭や肩関節の可動域、体幹筋力など)を組み合わせ、必要な治療方法を選択していきます。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

電話番号:0749-27-3360

LINE予約

外観

受付時間:月~金9:00~13:00・15:00~20:00、土曜9:00~13:00、休業日:土曜午後・日曜・祝日

店舗名 かがりの整骨院
住所 〒522-0201
滋賀県彦根市高宮町2132−10
アクセス JR南彦根駅近く
駐車場 10台完備
代表施術者 中村泰彦

ページの一番上に戻る