野球肘 外来

野球肘治療の特徴

成長期にボールを投げすぎることによる肘の障害を野球肘と呼びます。

投球時や投球後に肘が痛くなります。
肘の伸びや曲がりが悪くなり、一度の投球動作で急に発症する事もあります(野球だけではなく、様々なスポーツで発症します)

メディセルを使った肘周辺の筋肉治療

原因・治療

原因

繰り返しボールを投げることによる過剰な負担の蓄積が原因です。

肘は『犠牲者』であり、根本原因があり発症すると考えられています。 肩甲骨の動きの悪さ、体幹の可動域・筋力、下肢柔軟性低下など、様々な原因の結果、最終的に肘に負担がかかります。

野球肘になる原因
  • 内側型
    靭帯や筋肉が投球動作により引き伸ばされ発症します
  • 外側型
    骨同士がぶつかり発症します
  • 後方型
    筋肉に引き延ばされ発症します

治療

発症の経過を詳しく聴取します。

徐々に痛くなったのか、急に発症したのか、曲げた時が痛いのか、伸ばした時が痛いのかなど状態を詳しく聞きます。

検査・治療

検査

野球肘エコーによる検査

エコーによる状態の確認

肘の傷害は画像による評価が『必須』です。
内側・外側・後方の靭帯や軟骨の状態を確認します。(異常が発見された場合は医療機関に紹介致します)

治療

野球肘の治療

局所治療と全身治療に分けて考えます。

局所治療は肘そのものの治療であり、全身治療は原因の治療です。

当院の治療プログラム

1.メディセルによる筋膜リリース

メディセルを使った治療
メディセルという特殊な機器を使い、肘周辺の筋肉の動きをよくします。

2.レスト・アイシング

アイシング
負担のかかっている筋肉や靭帯の回復を早めます。

3.下肢・体幹筋力強化

体幹筋力強化
EMS・スタイレックスと言うエクササイズ機材を用い、原因にアプローチします。

4.自宅ケア・投球に関する指導

自宅ケア
ノースローや遠投禁止など状態により禁止動作が異なります。
状態に合わせて指導します。

局所のみではなく、根本改善を行う事で将来的な肘の障害リスクを軽減します。

高いレベル(小学校から中学校、中学から高校など)でスポーツを行っていくにあたり、早期治療・根本治療が非常に大切な考え方になります。

肘の症状でお困りの際はお問合わせ下さい。

Sportsプログラム・猫背改善プログラム

骨格矯正×体幹トレーニング×下半身トレーニングorストレッチポールEx

猫背改善
痛くない背骨矯正

骨の動きが悪く(体が硬く)体幹が安定しない結果様々な疾患のリスクが高まりパフォーマンスの低下やスキルアップの妨げになります。
成長期の《今》だからできるケアを、できるうちに行う事を勧めています。

  • 猫背改善
    体幹トレーニング
  • 猫背改善
    下半身トレーニング

料金

初回体験1,500円

痛くない背骨矯正 3ヶ月24回(1ヶ月8回) 72,000円
体幹トレーニング
下半身トレーニング
3ヶ月24回(1ヶ月8回) 55,000円
痛くない背骨矯正
+
体幹トレーニング
下半身トレーニング
通常127,000円 → 99,800円 99,800円